こんにちは!ナカダイです。

最近、Amazon物販の売れ行きが良くないです。

売れ行きが良くない理由は、私の扱っている化粧品・コスメ関連の商品に強力なライバルが出てきているからです。

お世話になっている問屋に聞いてみたところ
そのライバルは、どうやら問屋・卸業者系みたいです。

当然、価格面では勝てそうにないので
競合している商品の仕入をストップし、少し作戦変更。
別のジャンルの開拓にも力を入れていこうと考えています。

ただし、業者を開拓するのは
かなり骨の折れる作業で、時間もかかります(;^ω^)

なので、短期的に落ち込んだ売り上げを立て直すべく、
久々にネットショップ仕入れをしてみました。

成果はというと8~10時間くらいガッツリとリサーチして、
リピートできそうな商品を30万円分くらい仕入れしました。

これが多いのか少ないのかはわかりませんが、
継続して仕入れができるならば
結構おいしいのではないでしょうか?

ネットショップ仕入れの良いところは、
やはり 1点から仕入れできるカードが使えるポイントが付くところですね。

ただ、難しいのが継続して仕入できる商品の場合、何個買えばいいのか?という問題。

今回はこの問題にフォーカスしたいと思います。

仕入れる量は1カ月で売り切れる数量がキホン!

仕入数量は多すぎると不良在庫になるリスクが増しますし、
資金効率の観点からみてもよくありません。

逆に少なすぎると頻繁に在庫補充する必要があって手間がかかりますし、
追加仕入れのタイミングが遅いと機会損失にもつながります。

じゃあどれぐらいの数量が適切なの?という話になりますが
「1ヶ月で売り切れる個数」を目安に仕入れるのが良いです。

この”1ヶ月で売り切れる個数”というのは、”モノレートで1ヶ月で売れた個数”とは違うので注意してください。

例えば、カート圏内にライバルが2人いて1カ月で30個売れる商品があったとします。
この場合、仕入れる量は30個ではありません。10個です。

もうお分かりかと思いますが、ライバル2人に対して自分も参入するので
3人でカートを奪い合うことになります。

そうなると1人当たりの1ヶ月で売り切れる個数というのは10個ということになります。

ただし、実際にはいくら以上で送料無料とかがあるので、
その場合は臨機応変に対応するようにしましょう。

また、資金が少ない人は2週間で売り切れる量などに短く調整すると良いです。
仕入する手間は増えますが、資金ショートするリスクを減らせますので。

もし、在庫が過剰気味(売り上げの1.5倍以上在庫がある人)はこのあたりを徹底してみてください。

基本を踏まえたうえで応用を考えよう

と、まぁ正直ここまで書いたことは、わりと当たり前のハナシです。

ここからは上級編ですが、これを踏まえた上でさらに深く考えてみましょう。

モノレートとライバル数で読み解く
1ヶ月で売り切れる個数というのは、あなたがまだ仕入する前の段階の予測です。

つまりこの予測には、「仕入れ→商品到着→Amazon販売」までのタイムラグが反映されていません。

当然、仕入れから販売までには数日かかりますから、
この間にライバルが急増することも考慮に入れる必要があります。

そこで、重要となってくるのは”仕入れ難易度”です。

上級者ほど「1ヶ月で売り切れる個数」±「仕入れ難易度」で考える

例えば、あなたが見つけるのに苦労せず簡単に仕入できた商品は、
おそらく他の人にとっても仕入れしやすいはずです。

反対にすごくマイナーなサイトなどで、あなたが苦労して仕入れた商品は、
おそらく他の人にとっても仕入れしにくでしょう。

つまり、前者はライバルが増えやすく、後者ほどライバルが増えにくい、と予測できるわけです。

なので、より厳しく仕入数量を考えるなら、「1ヶ月で売り切れる個数」±「仕入れ難易度」で調整してみてください。

このレベルまでくるとリピート商品で価格競争が起こった時のダメージも大幅に減らせるでしょう。

ただし、この「仕入れ難易度」はある程度、販売経験がないと判断できないと思います。

そのため、初心者はまず「1ヶ月で売り切れる個数」を目安にして、
慣れてきたら「仕入れ難易度」も考慮していくといいです。

まとめ

ここまで読んでくれたのならもうお分かりかと思いますが、

「仕入れできる商品カンタンに見つけたヒャッホー!イエーイ!くぅ~!!せっかく見つけたんだから爆買いしてやるぜ!ポチっと。とりあえず100個買ったぜーこれで見込み益10万。」なんてことしてると、あとで後悔しますw

これからはぜひ、「1ヶ月で売り切れる個数」±「仕入れ難易度」を意識して仕入してみてください。

いかに最適な量を仕入れるか?このあたりも突き詰めれば、突き詰めるほど面白いし、奥深いです。

今回は以上です。