こんにちは。ナカダイです。

「この商品、500個仕入れたので一撃10万円の見込み利益です♪」みたいな話ってよくありますよね?!

初心者ほど1商品の大量買いは、インパクトも強いので魅力的に映ると思います。

ただ注意してほしいのが、いわゆる縦積み(1商品の在庫を大量に抱える)は、上級者向けのテクニックです。全ての商品を捌くのに時間がかかりますし、不良在庫化するリスクもあります。

私もこれまでにたくさん失敗してきた経験からいえるのですが、初心者ほど縦積みより横積み(多くの商品を扱い、それぞれ少量在庫を持つ)を徹底したほうがいいです。

そこで今回は、「縦積み」と「横積み」の違いについて説明していきます。

縦積みと横積みのメリット・デメリット

縦積みと横積みのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

  縦積み 横積み
メリット
  • 在庫を抱えるので、多少仕入しなくても売り上げは維持できる
  • 出品、商品管理もラク
  • 縦積みに比べると現金化するまでが全体的に短くて済む
  • 複数商品に分散されるため不良在庫化するリスクが少ない
デメリット
  • 全ての在庫を現金化するまでに時間がかかる
  • 不良在庫化するリスクがある
  • 毎回、仕入れする必要がある
  • 出品作業、商品管理にも手間がかかる
 

特に縦積みの全商品を現金化するのに時間がかかったり、不良在庫化するリスクがあるデメリットは必ず覚えておきましょう。

これらのデメリットを克服するには、回転率が良くてライバルが少ない商品をじっくり選別する必要があります。ただし、そのためには、資金力やある程度の販売経験が必要です。

一方、横積みは手間はかかりますが、商品が分散されるので現金化も早く、全体を考えれば不良在庫リスクも減らせます。

初心者は横積みを意識するのがベスト

縦積みと横積みのメリット・デメリットを考えると、初心者のうちは横積みに徹するのが賢い戦略です。

せどりは小売店から商品を仕入れるので、1個単位で仕入れができます。10万円しか資金がなくても、1個1,000円の仕入れ値で100商品仕入れることだって可能です。

仕入の手間などを惜しまなければ、1日1つ売れる商品を100個持つより、1日1つ売れる商品を100種類持つほうが良いです。全体的な回転も速いですし、失敗してもリスクも減らせます。

様々な商品の売れ行きを肌感覚で掴むこともできますし、最初は、商品数に重点を置いて仕入れしてみましょう。

最終的には縦積みのテクニックも必要になる

これより下に書いてあることは中級者~上級者向けの内容です。初心者の方は無視してください。最初は横積みだけで十分なので。

ある程度販売経験を積み、資金的に余裕が出てきたなら縦積みにも挑戦してみてもいいと思います。

実際に私も同じ商品を50個とか、在庫をすべて買い占める時は100個以上買うことも良くあります。

縦積みしてしておくと、仕入れを多少サボっても在庫があるので極端に売上が落ちることはありせんし、このあたりをしっかりとコントロールできると売上を積み上げることができます。

参考までに私が積極的に縦積みする商品は以下のような商品です。

  • 高回転の商品
  • ライバルが多くなく、今後も増えにくいと予想される商品
  • 自分で販売できる範囲の量であること

これらを満たした商品なら大量買いする価値があると判断して購入します。

ある程度販売経験を積み、資金的に余裕が出てきたなら、無理のない範囲内で挑戦してみると良いでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめると下のようになります。

  • 縦積みは現金化が遅かったり、不良在庫化するリスクがある。
  • 初心者は必ず最初に横積みを意識する。
  • 資金力があって販売経験がある程度ついてきたなら、縦積みに挑戦してみてもいい。

ぜひ、この「縦積み」と「横積み」の違いを理解してみてくださいね。

今回は以上です。