どうも!こんにちは。ナカダイです。

私は副業で2年ほどせどりをしていたのですが、当時と今を比較すると、せどりの考え方や仕入れ戦略が大きく変わりました。

もちろん、私自身が成長しているというのもありますが、副業から専業になった環境の変化も大きいです。

私はこれまでの経験から、副業せどりは「資金運用」、専業せどりは「経営」のイメージで捉えています。

このイメージの違いは、両者の利用する資金の性格の違いからくるものだと思います。
なぜなら、前者は余裕資金で、後者は事業用資金でせどりをするからです。

そこで今回は、私の考える専業と副業のせどりの考え方・仕入れ戦略の違いについて紹介します。

副業せどりは資金運用のイメージ

資産運用のイメージ画像

最初に定義しておくと、この記事でいう副業せどりとは、あくまで本業の仕事がメインの方です。副業でガッツリせどりする方とは違います。

副業の最大のメリットは収入源を分散できる点でしょう。会社からの給料に加え、副業の収入があれば、比較的余裕のある生活ができます。

逆にデメリットは、時間がない点です。本業の仕事もあるので、副業に充てられる時間は、ざっくり1日2時間、どんなに多くても5時間くらいだと思います。

副業でせどりする場合、そもそもリサーチや出品する時間が限られているので、資金効率(どの商品を仕入れたらより多く稼げるか)については、そこまで深く考える必要はないです。

もちろん、ある程度ランキングの高い商品を中心とした商品構成が前提ですが、「回転率はそこそこの高利益商品」もそれなりの比率で仕入れしても良いでしょう。

せどりではあまり売り急がず、落ち着いて資産運用をするようなイメージでしょうか。

私は副業時代、そのような感覚でせどりをしてました。

専業せどりは経営のイメージ

経営のイメージ画像

専業でせどりに取り組もうという人や副業でも本業以上にガッツリせどりに取り組みたい方は、「経営」のイメージを持つといいです。

経営と聞くと、なんとなく会社をイメージしてしまいますが、個人事業主も、個人で事業を営んでいる経営者です。

経営者は、どうやって利益を上げればよいのかを真剣に考える必要があります。

私は、専業になってから資金効率を重視し、回転率の高い商品を中心に仕入れしています。

なぜなら、多少利益率が落ちても回転を重視して資金を回していくほうが、複利効果も見込めて利益を上げやすいと考えているからです。

そのため、いくら利益率が高くても、回転率が悪いと仕入れ対象外です。

また、商品の売れ行きが悪いと損切りもします。
損切りする理由を詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい
 

ただ、高回転商品はAmazonが在庫を持っていたり、手数料を考えると利益がほぼ出ない商品が多いので、副業の時代よりもリサーチには注力しています。

今後、専業を目指していく方は、「経営」の感覚を意識するといいです。

副業と専業のどっちがいいのかではなく、自分はどうしたいのか?を考えよう

どうしたいか悩んでる人のイメージ画像

副業と専業のどっちがいいかなんて答えはありません。

私の場合、自分の可能性にチャレンジしてみたかったので専業になりましたが、せどりへの取り組み方は皆それぞれ違って当然です。

本業とせどりを両立して収入源を分散したいなら副業、本格的にビジネスとして取り組みたいなら専業を目指していけばいいだけです。

人によって、考え方や環境は違うので、自分にとって最適な形でせどりに取り組むのが一番いいです。

ただし、「とりあえず、今の会社をやめたいから」と安易な考えでいきなり専業化するのは、正直あまりおすすめしません。

副業できない環境なら仕方ないですが、できる環境にいるなら、ある程度成果を出してから専業化するほうが個人的には良いと思います。

まとめ

私が副業でせどりしていたときは、あまり売り急がず、落ち着いて資産運用をするような感覚でせどりをしてました。

一方、専業になってからは、経営を意識しながら資金効率を重視するスタイルでせどりをしています。

また、副業と専業のどっちがいいかなんて答えはありません。

自分にとって最適な形でせどりに取り組むのが正解だと思います。

せどりへの取り組み方に迷っている方は、自分はどうしたいのかを第一に考えてみましょう。

今回は以上です。

あわせて読みたい
せどりで売れやすい商品パターンを下の記事で紹介しています。ぜひ、チェックしてみて仕入れに役立ててください。
せどりで安定して売れる商品の見つけ方は3つのパターンを意識しよう