こんにちは。ナカダイです。

今回は、おすすめの5つの拡張機能を紹介します。

ちなみに、拡張機能って何それ?おいしいの?と思った方は、「拡張機能=追加で利用できる便利なWEB機能」だと考えてください。

電脳せどりで効率的にリサーチするには、いかに便利な拡張機能を入れるか?が重要なポイントです。

今回紹介する拡張機能は、実際に私もリサーチで使っていて非常におすすめできるものなので、ぜひ追加してみてくださいね。

サイくんサイくん

電脳せどりでは、無料で使える便利な拡張機能が多いのでGoogleChromeを使うよ。事前に導入しておこうね。

 Google Chromeのダウンロードページ

おさるくんおさるくん

俺は断固としてIE(Internet Exploer)派だぜ!!って人もせどりするときだけはChromeを使ってね。

最低限入れておきたいおすすめの5つの拡張機能

今回紹介する拡張機能は下の5つです。
※各拡張機能のリンクをクリックするとそれぞれの詳細説明へジャンプします。

クローバーサーチB Select
(Amazonのページに他のネットショップの価格を表示される)

ショッピングリサーチャー
(モノレートなどの直接リンクするボタン等が表示される)

価格比較 プライスチェッカー Price Checker
(他のネットショップの価格を通知してくれる)

Simple = Select + Search
(指定したURLへ直接アクセス可能になる)

XStock3
(出品者の在庫を表示してくれる)

ちなみに全て無料で使用できます。

サイくんサイくん

次に、拡張機能の導入手順を説明していくよ。

おさるくんおさるくん

もうすでに導入手順を知ってる方は、読み飛ばしてね。

拡張機能の導入手順

まずGoogle Chromeを開きます。

Chromeに拡張機能を導入する

↑【1】画面右上のの「・」が3つ並んだマークをクリックし、「その他ツール」を選択し、「拡張機能」をクリック。

 

他の拡張機能をみるに遷移するキャプチャ

↑【2】画面最下部までスクロールして「他の拡張機能を見る」をクリック。
(※ちなみにこの画面では追加した拡張機能の有効・無効の切り替え、削除、オプション設定などもできます。)

拡張機能を検索するキャプチャ

↑【3】検索先が拡張機能になっているのを確認し、拡張機能の名前を検索。

 

拡張機能を追加するキャプチャ

↑【4】追加する拡張機能の「Chromeに追加」をクリック。
上図では一番上の拡張機能はすでに追加済の状態になっている。

 
サイくんサイくん

基本的に新しく拡張機能を追加する時は毎回、上の【1】~【4】の手順が必要になるよ。

おさるくんおさるくん

ちなみに拡張機能のページに飛ぶボタンがある場合は、【4】の「Chromeに追加」する作業だけでOKだよ。

クローバーサーチB Select

クローバーサーチを導入してAmazonの商品ページを開くと下のような画面になります。

拡張機能クローバーサーチBの機能説明画像

上の図のように他のネットショップの価格(カッコ内はAmazon最安値との価格差)が安い順に表示されます。

ちなみに対応してるサイト下になります。(2017/05/30現在)

  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • DMM.com
  • ドスパラ
  • タワーレコード
  • ツタヤオンライン
  • セブンネットショッピング
  • エレコムダイレクトショップ
  • TSUKUMOネットショップ
  • honto※旧bk1
  • ポンパレモール
  • あみあみ

※クローバーサーチBは便利な拡張機能なのですが、エラーで表示されないケースも多いので、私は後に説明する同じよう機能の価格比較 プライスチェッカーと併用しています。

サイくんサイくん

クローバーサーチは電脳せどりではおそらく1番有名な拡張機能だよ。

おさるくんおさるくん

価格も安値順に並んでて、見やすくて便利だもんね。

ショッピングリサーチャー

ショッピングリサーチャーを導入すると下のような便利なボタンが表示されます。

拡張機能ショッピングリサーチャーの機能説明画像

ちなみに、各サイトのリンクボタン等の表示は、以下のように自分で選ぶことができます。

ショッピングリサーチャーの設定画面

↑アドレスバーの右側に表示されたショッピングリサーチャーのロゴ(赤い丸の部分)をクリックすると、表示したい項目のチェックボックスが表示される。表示した項目にチェックを入れる。

ちなみに私は、「モノレート」、「ヤフーショッピング」、「楽天」、「FBA料金シミュレーター」のみにチェックを入れ、他は全て外しています。

サイくんサイくん

ショッピングリサーチャーがあるとせどりのリサーチの負担が劇的に変わるよ。

おさるくんおさるくん

僕は毎回モノレートで型番検索してたから、もっと早く知りたかったよ。。。orz

価格比較 プライスチェッカー Price Checker

基本的には、クローバーサーチと同じように、他サイトの価格を表示する機能を持った拡張機能です。

プライスチェッカーの機能説明画像

プライスチェッカーを追加して、そのまま使っても使い勝手が悪いので、少し設定をしていきます。
まず、拡張機能を管理する画面(この記事の「拡張機能の導入手順」の【2】)を表示します。

プライスチェッカーのオプション編集画面への遷移

↑価格比較 プライスチェッカーのオプションをクリック。

プライスチェッカーのオプション編集画面1

↑赤枠のチェックボックスのみをチェックします。
(※ポップアップにチェックを入れるとかなり邪魔になるので外しておきましょう。)
送料も500円→0円に変更しておきましょう。

プライスチェッカーのオプション編集画面2

↑自宅住所を設定し、追加したい検索サイトのチェックボックスを入れます。これ以降は、自身のお好みで設定してください。

以上で設定は終了です。(※設定内容は自動保存されます。)

サイくんサイくん

価格比較 プライスチェッカーの良いところは、検索するショッピングサイトがクローバーサーチBより多いところだよね。

おさるくんおさるくん

家電量販店サイトもほぼ網羅してるもんね。この守備範囲の広さは、かなりリスペクトです!!

Simple = Select + Search

私は、出品規制がかかっている商品か確認するのにSimple = Select + Searchを使用しています。

あわせて読みたい
※出品規制商品について詳しく知りたい方は下の記事を参考にしてください。
 【せどり初心者必見】Amazon出品規制の対象商品と確認方法を解説!
 

下の画像は、Simple = Select + Searchを導入した画面です。

シンプルサーチの機能説明画像

↑少し設定が必要ですが、ASINを選択した状態で右クリックし、事前に設定した項目(セラーセントラルの商品登録ページは飛ぶ設定)を選ぶと、商品登録ページが開くようになります。

事前に設定する手順は以下です。

Simple = Select + Searchの設定画面1↑アドレスバーの右側のシンプルサーチのロゴをクリックし、オプションを選択。

Simple = Select + Searchの設定画面2↑赤枠で囲った①と②に下のように入力する。

①好きな名前を入力。
例:「出品規制判別」

②以下をコピペして入力↓↓
https://sellercentral.amazon.co.jp/productsearch?q=%s&ref_=xx_prodsrch_cont_prodsrch

以上で設定は終了です。(※設定内容は自動保存されます。)

サイくんサイくん

最近アカウント作った新規出品者の方は、仕入れる前に規制商品かどうか確認してから仕入れよう。

おさるくんおさるくん

Simple = Select + Searchを使ったら簡単だね。

XStock3

XStock3を導入してAmazonの出品者一覧をみると下の画像のように各出品者の在庫の数が表示されます。

Xstock3の機能説明↑赤枠の部分に各出品者の在庫数が表示される。在庫履歴をクリックすると履歴も確認できる。

※Amazon本体の在庫に関しては常に1と表示されるので、正確な在庫はわからないです。(2017/5/31現在)

サイくんサイくん

新品せどりをするなら、ライバル数だけでなくライバルの在庫も把握しようね。

おさるくんおさるくん

大量に在庫持ってる人がいっぱいいると激しい価格競争になる場合も多いもんね。

まとめ

冒頭でも書きましたが、限られた時間で効率的にリサーチするには、いかに便利な拡張機能を入れるか?が重要なポイントです。

今回紹介した5つの拡張機能はかなり使えるので、「まだ入れてないよ!」という人は、ぜひ追加してみてください。

リサーチ作業がかなり楽になるのでおすすめですよ。

というわけで今回は以上です。

あわせて読みたい
電脳せどり初心者向けに具体的な始め方・やり方を紹介するコンテンツ「電脳せどり初心者講座(無料)」を作成しました。ぜひチェックしてみてください。
電脳せどり初心者講座(無料)をチェックする