どうも!こんにちは。

電脳せどらーナカダイです。

今回は、電脳せどりを少しでも効率化するためのショートカットキーを紹介します。

ショートカットキーとは、キーボードで簡単にパソコンの操作ができる機能です。

いろんなショートカットキーがあるんですけど、今回は特に電脳せどりによく使うものを厳選して紹介します。

これらを覚えて、限られた時間で1件でも多くリサーチしていきましょう。

コピペ

まずコピー&ペースト(貼り付け)機能です。

電脳せどりで一番よく使います。

 コピーのショートカットキー

コピーしたい範囲を選択し、
Ctrl + C
 ペースト(貼り付け)のショートカットキー

貼り付けたい箇所で、
Ctrl + V

これは本当によく使うので、ゲーミングマウスなどに割り当てると良いでしょう。

ちなみに私のオススメのマウスは「【電脳せどり効率化】トラックボールマウスがおすすめな3つの理由」の記事で紹介してます。

タブを閉じる

電脳せどりでリサーチするときはCtrlボタンを押しながらリンクをクリックし、新しいタブでどんどん商品ページを開くと思います。

するとタブがどんどん増えちゃうので、タブにの右の「×」ボタンを押してタブを閉じますよね?

でもタブを閉じるのにいちいち「×」ボタンまでカーソルを合わせなくても、タブを閉じるショートカットキーもあるんです。

 タブを閉じるショートカットキー

閉じたい自体ページを選択し、
Ctrl + W

これもよく使いますので、覚えておきましょう。

直前に消したタブを復活

消したら困るタブを誤って消してしまったときってどうしています?

自力で直前に開いていたページを再表示させてたり、履歴から選んだりしていないですか?

実は、直前に消したタブを復活するショートカットキーもあるんです。

 直前に消したタブを復活するショートカットキー

Ctrl + Shift + T

ウィンドウの切り替え

Excelを開きながら、グーグルクーロムを開けて、Wordも開いてと複数のプログラムを起動していると、最前面に表示させたい画面を持ってくるのって結構大変ですよね?

一度、最前面にあるアプリケーションを閉じたり、最小化したりすると思います。

そんな時に便利なショートカットキーもあります。

 直前に消したタブを復活するウィンドウを切り替えるショートカットキー

Alt + Tab
Altを押したままTabをどんどん押していくと、アプリケーションが移動するので表示させたいアプリケーションを選択します。

これも便利なので、使いこなせるようにしておきましょう。

デスクトップの表示

画面をいっぱい開きすぎて、なかなかデスクトップに到達しないことってよくありませんか?

私は、よくあります!笑

一発でデスクトップを表示するショートカットキーもあります。

 デスクトップを表示するショートカットキー

Windowsボタン + D
(※ちなみにWindowsボタンはキーボード左のCtrlとAltの間にあるボタン)
もう一度、Windowsボタン + Dで元の画面に戻ります。

まとめ

今回、紹介したショートカットキーはよく使うので、ぜひ使えるようにしてくださいね。

上に書いた以外にもショートカットキーはたくさんあるので、覚える余裕のある方は、どんどん覚えると良いです。

1つ1つの作業は、大したことないように思えるかもしれませんが、積み重ねると大きく変わってきますので。

今回は以上です。