どうも!こんにちは。ナカダイです。

電脳せどりでは、仕入れサイトとモノレートを交互にみて、リサーチしますよね。

モノレートで商品のグラフ表示したけど、「これって仕入れ値いくらだっけな?」と思って、仕入れサイトで値段を確認して、再びモノレートに戻ったりって経験ありませんか?

おそらく、みんな経験する電脳せどりのあるあるネタじゃないでしょうか?笑

実はこの問題、モニター画面を物理的に1つ増やすだけで驚くほど簡単に解決します。

モニターを増やして、メインモニターとサブモニターの2画面ある状態をデュアルディスプレイと呼ぶのですが、これが非常に便利なので紹介します。

もちろん、最初からデュアルディスプレイにする必要はありません。ただ、電脳せどりである程度稼げるようになってきたのであれば、やってみる価値はあると思います。

仕入れサイトとモノレートを同時表示できるので、リサーチがとっても楽になる。

上の図は実際に、私のデュアルディスプレイの画面です。

どうでしょう?
この表示なら仕入れサイトとモノレートのタブをいちいち移動しなくても、すぐ仕入れ値を確認できますよね。

また、型番検索できない商品で、仕入れ対象とAmazonの商品って本当に同じなの?と確認するときや、ウェブ画面をみながらExcelを使いたいときなどもかなり便利です。

下の画像は、実際に私の作業環境です。(※私の場合は画面3つのトリプルディスプレイにしています。)

左から21.5インチモニターを縦置き、23インチワイドモニターを横に2つ並べているので、PC作業するときに画面が狭いと感じることは無いです。

デメリットとしては、机に十分なスペースが無いと作業環境を作れないことくらいでしょうか?

実際に使ってみると、あまりの快適さに、もう1画面の作業環境では、電脳せどりしたくなくなるくらい便利です(๑•̀ㅂ•́)و✧

あわせて読みたい
デュアルモニターにするなら、特にトラックボールマウスが相性がいいです。詳しくは下の記事を確認してください。
 【電脳せどり効率化】トラックボールマウスがおすすめな3つの理由

予算はだいたい1~3万円くらいあればできる

デュアルディスプレイに必要なモノは、基本的にモニターとモニターとPCを接続するケーブル(だいたいモニターに同梱されている)だけです。
机を広く使いたいなら、モニターアーム(自分の好きな位置にモニターをセットできる専用スタンド)を使ってみると良いでしょう。

モニターは、20~27インチくらいであれば、だいたい1~3万くらいで購入できます。もちろん、ヤフオク等で中古で買うともっと安いです。

モニターをアームに付けて使用したい場合は、モニターアーム対応に対応してるモニターかどうかを確認してから、購入してくださいね。

実際にデュアルディスプレイを設定する具体的な手順は下のサイトが、非常に丁寧でわかりやすく説明してあったので参考にしてみると良いでしょう。
↓ ↓ ↓
https://billion-log.com/dual-display-connection/

実際に私がやってる具体的な使い方

実際、私のやってる具体的なリサーチの仕方は下の手順です。

  1. 画面左に仕入れサイトを開き、商品リンクを「Ctrl」ボタンを押しながらクリックして、商品ページを新しいタブとして開いていきます。(上図の①~④)
  2. 開いた商品ページの「JANコード」、「型番」、「商品名」などをコピーし、右画面のモノレートの検索バーに貼り付けて、検索。
  3. 仕入れができなければ、左画面に戻り、商品ページをアクティブにしてる状態で「Ctrl + W」でタブを閉じる
  4. 次の商品へ

この手順で、どんどんリサーチしていきます。

ちなみに私はマウスのポインタの速度は最速にして、効率よくリサーチできるようにしています。

まとめ

今回はデュアルディスプレイについて説明しました。

せどりのようなネットビジネスはリアルビジネスと比較すると初期コストが少なくても始めれるので、その分、普段使うPCなどの作業環境には投資してみてはどうでしょうか?

作業効率は上がりますよ(`・ω・´)ゞ

今回は以上です。

あわせて読みたい
他にも電脳せどりで、あれば便利なものを紹介していますので下の記事もチェックしてください。
 【保存版】せどりに最低限必要なものと便利なアイテムをまとめてみた