どうも!こんにちは。

電脳せどらーナカダイです。

電脳せどらーなら誰でも、「限られた時間で1件でも多くリーチしたい」と考えますよね?

そのため、拡張機能を使ったり、ゲーミングマウスを使ったりしてリサーチ作業を工夫して効率化していると思います。

いやいや、何もしてないよ。という方もいるかも知れないですが、大きく稼ぐには、作業効率化は必須条件です。

そこで、今回はゲーミングマウス以上に電脳せどりを効率化してくれるトラックボールマウスを紹介します。

電脳せどりにLOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t をおすすめする3つの理由

上の画像が私のおすすめのLogicoolのM570tです。amazonのトラックボールマウスの中でベストセラー1位の商品です。

見た目からして通常のマウスとは違う形をしているのがわかると思います。そうなんです!このM570tはワイヤレス(コードなし)のトラックボールマウスなんです。

基本的にトラックボールマウスは、カーソルを移動させるのにマウス自体を動かす必要がありません。ボールの部分を指で転がすことでカーソルを動かします。

そして、PCでの作業に多くの時間を費やしているシステムエンジニアなどは、トラックボールマウスを愛用する人が多いです。その理由は、慣れると普通のマウスより格段に使いやすいからなんです。

そんなトラックボールマウスの中で人気のM570tですが、私が電脳せどりにおすすめする3つの理由を紹介していきたいと思います。

①ボタンを押すだけで電脳せどりでよく使う「コピー・ペースト・Enter」が設定できる

ショートカットキー割り当てボタンって知っているでしょうか?

ショートカットキー割り当てボタンとは、ボタンを押したときに、あらかじめ自分で設定したショートカットキーの操作を実行するようにできるボタンのことです。

このボタンの数はマウスによって違います。全く付いていないのもあれば、10個くらい付いているマウスもあります。ちなみにM570tには3つあります。

私は電脳せどりでよく使う

  • コピー「Ctrl + C」
  • ペースト(貼り付け)「Ctrl + V」
  • Enter

をM570tの左右クリックボタンを除いた3つのボタンに割り当てています。

これだけで通常のマウスより作業効率が大幅にアップします。

②画面の端から端までボールを転がすだけで一瞬で移動できる

上の写真は私の机です。

これを見るとモニターが3台並んでいるのがわかると思いますが、通常のマウスでマウスカーソルを左のモニターから右のモニターまで動かすのは大変ですよね。

しかし、トラックボールだとボールを強くこするだけで、端から端まで一瞬で移動できます。

特にマルチモニターにしてる電脳せどらーは、メインモニターは仕入サイト、サブモニターにモノレートにしてリサーチする方が多いのではないでしょうか?

商品のJANコードをコピーしてモノレートに張り付ける作業は、左右に大きくマウスを動かすと思います。そんな時でもトラックボールマウスなら一瞬です。

では100回この作業を繰り返すとどうでしょうか?個人差もあると思いますが、私、個人的には通常のマウスで100回リサーチできるのであればトラックボールマウスなら103回できる気がします。

あわせて読みたい
デュアルモニターやマルチモニターにしたら作業効率が上がっておおすすめです。詳しくは下の記事でチェックしてみてください。
モニター2画面のデュアルディスプレイで電脳せどりの作業効率をUPしよう

③肩こり・ひじの痛みを改善できる

長時間、PCの前で作業していると肩こりやひじの痛みに悩む方も多いと思います。実はマウスを動かす行為は、これらの原因の1つになるんです。

しかし、トラックボールマウスだと、マウスを動かす必要がないのでこのような肩こり・ひじの痛みの悩みとは無縁です。

電脳せどらーだと毎日、PCの前に3時間いることだって珍しくないでしょうから、そのような悩みを抱えている方も多いはずです。

そんな方は、騙されたと思って試してみてください。私もひじの痛みに悩んでいたのですが、全くなくなりましたので。

M570tにはデメリットもある

電脳せどりに非常にオススメなM570tなんですが、残念ながらデメリットもあります。

マウス自体が少し大きいので小さな手の女性には扱いづらい

そもそもトラックボールマウスは全体的に大きいサイズのものが多いです。

ちなみにM570tもやはり通常のマウスより少し大きいです。しかし、普通の男性の手であれば、問題なく使えるレベルです。

一般的な手の大きさの女性なら使えると思いますが、小さい手の女性には少し大きく感じるかもしれません。

トラックボールマウスに慣れるまで時間がかかる

トラックボールマウスの操作に慣れるのには、だいたい1週間くらいかかります。

慣れてくると思い通りの場所にカーソルを合わすことができるのですが、最初はちょっと難しいです。

女性で手が小さい方はゲーミングマウスM570tが良いかも

小さい手の女性には、トラックボールマウスではないのですが上の写真のm560のマウスがおすすめです。

参考までにカードを置いたので、M570tの画像と比較すると一回り小さいのが確認できると思います。

ちなみにこのマウスもショーカットキー割り当てボタンが3つついているので「コピー・ペースト・Enter」を割り当てると良いです。

まとめ

私の今回はせどりを効率化してくれるおすすめのマウス「M570t」を紹介しました。

正直一度、「M570t」と使うと普通のマウスには戻れません。それくらい便利です。

電脳せどりを効率化したい方や、肩こりにお悩みの方はぜひ、使ってみてくださいね。

今回は以上です。

あわせて読みたい
他にも電脳せどりで、あれば便利なものを紹介していますので下の記事もチェックしてください。
 【保存版】せどりに最低限必要なものと便利なアイテムをまとめてみた