こんにちは。ナカダイです。

今回は、せどり初心者の方向けに「FBA料金シミュレーター」について解説します。

Amazonで商品を販売すると販売手数料等がとられます。

いくら価格差がある商品でも、この手数料を考慮するとほとんど利益が取れない、もしくは赤字になる、ということはよくあります。

ですから、仕入れの際には必ず手数料を考慮しなければいけません。

そこで、必要になってくるのが「FBA料金シミュレーター」です。これを使うと、手数料が引かれた利益額を確認することができます。

せどりをするには必須の機能なので、必ず使い方をマスターするようにしましょう。

サイくんサイくん

FBA料金シミュレーターを使うと商品サイズや重さもわかるよ。

おさるくんおさるくん

電脳せどりだとサイズ感がわかりにくいから、事前にチェックしておくと届いたときに慌てなくて済むね。

FBA料金シミュレーターとは

Amazonの手数料は、販売手数料以外にも出荷作業手数料や発送重量手数料など様々な手数料があります。

これらを全て自分で計算するのは大変手間がかかるので、それを自動で仮計算してくれるのが、Amazonが提供している「FBA料金シミュレーター」です。

あくまでも仮計算なので、正確な数字ではないのですが、私がこれまで使ってみた感覚だと、ほぼ正確です。

サイくんサイくん

他にもAmafeeというサイトもあるけど、FBA料金シミュレーターを使う人のほうが多いよ。

おさるくんおさるくん

万が一、FBA料金シミュレーターが使えなくなったら、Amafeeを使うといいんだね。

簡単にFBA料金シミュレーターを開く2つの方法

Amazon販売ページから開く場合

ショッピングリサーチャーという拡張機能を使えば、ボタンひとつで料金シミュレーターのページへ移行できます。

あわせて読みたい
ショッピングリサーチャーについては下の記事を参考にしてください。
 電脳せどりするなら最低限これだけは入れておきたい5つの拡張機能とは?
 

ショッピングリサーチャーのFBA料金シミュレーターへのリンクボタンの画像

↑上の画像の赤枠をクリックするとFBA料金シミュレーターに移行します。

モノレートから開く場合

モノレートからもボタンひとつでFBA料金シミュレーターを開くことが可能です。

モノレートのFBA料金シミュレーターへのリンクボタンの画像

↑上の画像の赤枠をクリックするとFBA料金シミュレーターに移行します。

Amazon販売ページとモノレートどちらから開いてもOKです。


 
サイくんサイくん

次の使い方で説明するけど、上の2つの方法で開くと自動でASINコード(Amazon独自の商品コード)が入力された状態で開くからオススメだよ。

おさるくんおさるくん

そうなんだね。ちなみにショッピングリサーチャーは、モノレートを開くボタンもあって便利だし、ぜひ入れてみるといいよ。

FBA料金シミュレーターの使い方

↓料金シミュレーターの画面を開くとこのような画面になります。

FBA料金シミュレーターの使い方

FBA発送の場合は、画面右の赤枠部分で以下の手順を実行するだけです。

  1. キーワード(ASIN、JAN、商品名)で商品を検索し、検索ボタンをクリック。
    (※ショッピングリサーチャー等から移行すると、ASINがデフォルトで入力されている)
  2. 想定販売価格を入力。
    (新品の場合は、基本的に現在のカート価格を入力。)
  3. FBA納品時に送料がかかる送料がある場合は入力。
    (FBA納品用ダンボールに50個入れて送料が1000円くらい場合は、1000円÷50個=20円で、20と入力。微々たる数字なら省略しても良いと思います。)
  4. 仕入れ値を入力。
  5. 計算ボタンをクリック。
サイくんサイくん

新品の場合は基本的にショッピングカートの出品者の商品が一番売れやすいよ。そして、ショッピングカートを獲得するには、カート価格に合わせるのが基本だよ。

おさるくんおさるくん

だから、基本的に新品の場合は、想定価格をカート価格にするんだね!!(※大口出品者のみ。)
最低価格じゃないので注意しようね!!

↓そして、計算した結果、下のような画面になります。

FBA料金シミュレーター計算結果

想定される利益額、利益率が赤枠内に表示されます。

あとはモノレートの売れ具合と利益率等が自分の仕入れ基準を満たしていれば、仕入れするという流れになります。

(※2017年末までの日用品・食品の販売手数料割引キャンペーンは適応されていませんので、これらのカテゴリを仕入れする際には、別途考慮して計算する必要があります。)

ちなみに今回はFBAで商品を売る前提で解説しましたが、自己発送の場合も同じような流れで計算します。

大型商品を見分ける2つの方法

Amazonが規定する大型商品は、倉庫保管料が高かったり、FBA納品するときに小型・標準商品と同梱できなかったり、注意が必要なことが多いです。

そんな大型商品を判別する方法が、2つあるので紹介します。

ただし、どちらもあくまも目安なので、正確に知りたい場合はテクニカルサポートに確認してみましょう。

大型商品の判別①サイズから判別する

まず、FBA料金シミュレーターで商品を検索します。

FBA料金シミュレーターのサイズ、重量の表示の箇所を示す図

↑商品名の下にサイズと重量が記載されています。(サイズ等が登録されていない商品もありますが、ここでは無視します。)

FBAの規定によると「サイズが、45cm×35cm×20cm以上」または「重量が9キロ以上」となっています。(2017/06/28現在)

これらをオーバーする商品は、基本的に大型商品に分類されています。

大型商品の判別②FBA出荷手数料から判別する

FBA出荷手数料からも大型商品を判別することができます。

大型商品判別の仕方2の画面イメージ

↑上のようにFBA手数料をクリックすると出荷作業手数料が確認できます。

この出荷作業手数料が500円以上だった場合、基本的には大型商品に該当します。

月額保管料に注意しよう

FBAを利用する場合、販売するときの手数料以外にも商品の保管手数料もとられます。

保管手数料は商品が売れなくても費用としてかかってきますので、この手数料が高い商品(大型商品などサイズが大きい商品)は要注意です。

そして、月間の保管手数料もFBA料金シミュレーターで確認ができます。

FBA料金シミュレーターの月額保管料の表示の箇所を示す図

↑上のようにFBA手数料をクリックすると月額保管手数料が確認できます。

特に売れ行きが良くない商品の場合は、月額保管手数料を考慮すると赤字になるケースもあるので、注意するようにしてください。

サイくんサイくん

想定利益が1,000円で月額保管料が500円だと2ヶ月売れなかったら赤字になっちゃうよ。

おさるくんおさるくん

そうだよね。大きめの商品は必ず月額保管手数料を確認したほうがいいね!

まとめ

今回は、FBA料金シミュレーターについて解説しました。

特に使い方を含めて難しいところはないかと思いますが、最後にもう一度重要なポイントを確認しておきます。

  • FBA料金シミュレーターは、仕入れの際に必須なので、使い方をマスターしておく。
  • 2017年末までの手数料割引キャンペーンはFBAシミュレーターに反映されていない。
  • 大型商品等のサイズの大きい商品は月額保管料も考慮して仕入れをする

ぜひ参考にしてください。

今回は以上です。

あわせて読みたい
電脳せどり初心者向けに具体的な始め方・やり方を紹介するコンテンツ「電脳せどり初心者講座(無料)」を作成しました。ぜひチェックしてみてください。
電脳せどり初心者講座(無料)をチェックする