こんにちは!ナカダイです。

今回は、せどり初心者にとって最大の壁である「仕入れ」において、最も重要なモノレートの見方について解説します。

モノレートが見れないと基本的には仕入れができません。

仕入れができないと当然せどりはできませんので、初心者はまず、このモノレートをしっかり理解することから始めましょう。

せどり初心者の方にもわかりやすいように丁寧に解説してみたので、この記事を読んでモノレートをしっかり理解してくださいね。

それではいきますっ!!

モノレートとは

サイくんサイくん

おさるくん、モノレートって知ってる?

おさるくんおさるくん

モノレート?何それ?
新しいチョコレートのこと?

サイくんサイくん

・・・。

モノレートはAmazonの商品の価格・出品者数・ランキングの推移がわかりやすく表示されているサイトのことだよ。→モノレート

おさるくんおさるくん

そんな便利なサイトがあるんだね。知らなかったなぁー。これはAmazonが運営してるサイトなの?

サイくんサイくん

残念、不正解。モノレートはAmazonが運営してるんじゃないんだよ。もともとせどらーの方が開発してるみたいで、ツイッターアカウントがお問い合わせページの一番下に紹介されているよ。

おさるくんおさるくん

こんな使いやすいサイト作ってくれて、本当にありがとうございます。

モノレートでは、過去のデータが見れるので仕入れ判断ができる

サイくんサイくん

モノレートでは、リサーチした商品の過去の価格、売れ具合がわかるんだよ。

おさるくんおさるくん

へぇ~。でも過去の価格と売れ具合がわかったところで何か意味あるの?

サイくんサイくん

基本的に将来のモノの売れかたは、価格変動とか季節要因みたいな特殊なことがない限り、過去と同じになる可能性が高いんだ。だからモノレートの過去データを使って、仕入れ後の売れゆきの予測ができるんだよ。

おさるくんおさるくん

そうんなんだ。じゃあ仕入れする時にモノレートで必ず、過去の商品の売れ具合を確認する必要があるんだね。

サイくんサイくん

そういうこと!これからせどりをやっていくなら、何百回も見ることになるからね。
ちなみに僕は、もう1万回以上は確実にみてる自信があるよ!笑

おさるくんおさるくん

サイくんみたいなせどり経験者はそんなにみてるんだ。よしっ!僕もモノレート使いまくるぞ~。

モノレートの使い方

サイくんサイくん

まず最初に検索バーに検索したい検索ワードを入れて検索してみよう。
検索ワードは、商品名以外にもJANコード、ASINコード、型番でも大丈夫だよ。(上図①)

おさるくんおさるくん

検索ポチッと。
なんかグラフが表示されたよー。このグラフって表示期間変更ってできるの?

サイくんサイくん

良いところに気づいたね。もちろんできるよ。
ただ、あまり古いデータを見ても仕方ないから基本3ヶ月に設定して、もっと長期でみたいときだけ、半年、一年、全期間と変更していくといいよ。(上図②)

おさるくんおさるくん

基本は3ヶ月が良いんだね。φ(..)メモメモ

サイくんサイくん

あとよく使うボタンのリンク先だけど
「商品ページ」→コンディションごとの出品者一覧のページ
「商品詳細」→Amazonの個別ページ
「FBA料金」→FBA料金シミュレーター
となっているよ。

おさるくんおさるくん

便利だね。

サイくんサイくん

タブでコンディションごとのグラフの切替もできるよ。(下図①)
あと画面左のコンディションから表示したいグラフをいろいろ選べるよ。(下図②)
オススメは新品最安値とカート価格を表示させる設定。(下図③、④)
カートって何?と思った方はコチラ

おさるくんおさるくん

ホントだ~。こんなに細かくいろいろ選べるんだね。
でも全部チェックすると逆にグラフが見づらくなりそうだから、2、3個くらいが良いかもね。

モノレートの見方

ランキンググラフの見方

サイくんサイくん

さて、いよいよ本題。上図のランキンググラフの赤丸が付いるのが商品が売れたときなんだ。

おさるくんおさるくん

えーと。。。商品が売れたらグラフが下がるってこと?

サイくんサイくん

そう!商品が売れるとカテゴリ内のランキングが上昇するんだよね。グラフのたて軸は下のほうがランキングが高いから、商品が売れるとグラフが下がるんだよ。

おさるくんおさるくん

じゃあこの商品だとグラフの表示が3ヶ月だから、3ヶ月に10回売れたってこと?

サイくんサイくん

そのとおり!ランキンググラフでは過去に商品が何回売れたか確認できるんだよ。売れ筋が良い商品ほどグラフがギザギザになってるよ。下の図を見てみよう。

おさるくんおさるくん

これだと完全にBのグラフのほうがギザギザになっているから、いっぱい売れてるのがわかるね。

サイくんサイくん

そうだね!仮に出品者数が同じだったらBの商品のほうが早く売れるね。

価格グラフの見方

サイくんサイくん

まず上図を見てみよう。最安値グラフを見ると期間Aから期間Bの間にこの商品の最安値が上がってることがわかるね?

おさるくんおさるくん

この商品が値上がりしたんだね。

サイくんサイくん

その通り。そしてランキンググラフも一緒に見てみよう。期間Aだと3,000円前後で10回前後売れてるけど、期間Bの価格だと一度も売れてないね。

おさるくんおさるくん

ホントだ。この商品は、3,000円前後なら買う人はいるけど、4,500円だと買う人がいないのか。

サイくんサイくん

そうだね。だから4,500円で売れる想定で仕入れると失敗するよ。3,000円くらいで売っても利益でるなら仕入れてもいいけどね。

おさるくんおさるくん

なるほど、こんなこともわかるんだね。勉強になったよ。

出品者グラフの見方

サイくんサイくん

上の図を見ると①、③は出品者が増えて価格が上がって、②は出品者が減って価格が下がってるのよね。

おさるくんおさるくん

ホントだ。でもなんでこんな増減があるんだろう?

サイくんサイくん

①で出品者が増えて、その結果、ライバルより先に売りたい出品者が価格を下げることで②で価格競争で起きたんだね。その後、安売りしてた商品が売れて、③で価格がまた切り上がったんだね。

おさるくんおさるくん

なるほど!じゃあ出品者が増えると価格は下がって、出品者が減ると価格は上がる傾向にあるんだね。

サイくんサイくん

そう!基本的には、需要と供給のバランスで商品の値段は決まるからね。

おさるくんおさるくん

ということは、出品者の数が急激に増えてたら、価格競争が起こるのを見越して、仕入れる商品の数を少し減らしたほうがいいのかな?

サイくんサイくん

あまり売れてない商品は、特に仕入れる数は減らしたほうが良いね。常に次の展開を予測することが大事だよ。

おさるくんおさるくん

ちょっと難しいなぁ!笑。でもあまり、売れてない商品の大量購入には気をつけるよ。

サイくんサイくん

心配しなくても経験を積めばわかってくるからね。
あとモノレートユーザーのグラフもあるけど、そこまで重要じゃないから、参考程度にしておくといいよ。

おさるくんおさるくん

モノレートユーザーが増えるとその商品に注目してる人が多いってことだね。参考程度にしておくね。

グラフだけだとわかりづらい場合は表を見よう

サイくんサイくん

基本的にモノレートは、グラフを見るんだけど、ページの下に下図のような詳細な表もあるよ。あまり使うことはないけどね。

おさるくんおさるくん

①はランキングが上がってるけど出品者数は同じで、最安値は切り上がってるね。これはどういう状態なの?

サイくんサイくん

この場合は、複数個もってる最安値の出品者が、商品が売れたから値上げした。もしくは1個しか持っていない最安値の出品者の商品が売れたけど、新規出品者が参入してきたから出品者数はそのまま。の2パターンが考えられるね。

おさるくんおさるくん

なるほど。表でもいろいろわかるんだね。

サイくんサイくん

そう!そして下図のように時間帯ごとのランキングもわかるケースがあるから、グラフより詳細が知りたいときに使うと良いよ。

おさるくんおさるくん

グラフだけで判断つかなかったときは、表も見てみるね。

実際にモノレートで判断してみよう

サイくんサイくん

最後に実際に商品を仕入れるかの判断をざっくりしてみるよ。下図の商品とモノレートを見てね。

おさるくんおさるくん

えーと。まずどっからみたらいいんだっけ?

サイくんサイくん

まず、最安値のグラフの直近の価格を確認してみよう。この商品の場合は仕入れ値10,000円で直近の価格は15,000円だから利益がでそうだね。

おさるくんおさるくん

ホントだ。利益出るかも。グラフの前半の期間だったら、最安値が仕入れ値と同じくらいだから、仕入れはできなかったね。

サイくんサイくん

そうだね。次に、直近の15,000円で売れているのか確認しよう。

おさるくんおさるくん

直近だと15,000円で3~4回売れてるね。更にその前は15,000円以上で10回ほど売れてるよ!

サイくんサイくん

うん。基本的に価格は安いほど売れるから、これで15,000円で出品すると、最低でも1ヶ月に約8回は売れるだろうと予測ができるね。

おさるくんおさるくん

出品者も10人くらいだし、仕入れても良いかもね?

サイくんサイくん

そうだね。実際にはAmazonが出品してるとカート取れなかったりするから、販売ページでAmazonの出品確認しようね。あと利益計算はFBA料金シミュレーターを使って計算して慎重に判断してね。

おさるくんおさるくん

なるほどー。こんな流れで仕入れ判断していくんだね。いろいろわかったよ。サイくん、どうもありがとう!!

サイくんサイくん

どういたしまして。困ったときはいつでもいってくだサイ。

まとめ

今回は、モノレートの使い方について解説したんですけど、今回の内容はすごい重要です。

初心者の方は、一度読んだだけで、理解するのは難しいと思うので、わかるまで何回も繰り返し読み返して勉強してみましょう。

私もモノレートを覚えるのは苦労したんですけど、「コレを覚えないと仕入れができない」と思って必死で覚えました。

モノレートの見方をマスターして、どんどん仕入れをしていきましょう。

今回は以上です。

あわせて読みたい
電脳せどり初心者向けに具体的な始め方・やり方を紹介するコンテンツ「電脳せどり初心者講座(無料)」を作成しました。ぜひチェックしてみてください。
電脳せどり初心者講座(無料)をチェックする