どうも!こんにちは。

電脳せどらーナカダイです。

「グループに入れば、せどりで稼げるお宝商品リストお渡しします。」とか「美味しい情報がバンバン入ってくるLINEに入会しませんか?」ってよくありますよね。

その情報を受け取るだけで稼ぐことができる。なんて魅力的なハナシだろうって思っちゃいますよね。

で、も、ですね。自分だったら、そのようなコミュニティに絶対に入会しないです。

なぜなら、そのような情報ばかりに頼っている時点で、いつまでたっても自分のチカラで稼げる商品を探せるようにはなりません。つまり成長しないんですよね。

今回は、私がそのように思う根拠を書いてみます。

結果でなく過程が重要

実際に稼げる系の情報っていっぱいあります。信憑性の高いモノから、なかには耳を疑うようなウサン臭い情報まで。

仮にその情報で稼げたとしましょう。

「このリストさえ、あれば、会社の給料プラス毎月10万だわー。」あぁ嬉しい、って満足した状態になります。

でも私は、この状態って非常に危ういと思うんですよね。だって、もし仮に、情報が流れてこなくなったら、全く稼げなくなるんですよ。

鉄棒初心者が、誰かに補助してもらって、「ヤッター!!逆上がりできたっ」といってるのと一緒。

じゃあ、補助してくれる人がいなくなったら、どうなるのでしょう?
また別の補助してくれる人を探しますか?

それだと、自分だけで稼ぐことは、永遠にできませんよね。

稼げる情報自体に価値なんてそこまでないです。重要なのは、どうやって稼げる商品を見つけたのか?ってトコ。
これがわからない限り、自分で稼げる商品を探せるようにはなりません。

結果でなく過程が重要なんですよ。

つまり、稼げる商品情報を探すのではなく、稼げるようになるやり方・考え方を探すべきなんです。

稼げる商品情報はあなただけでなく、みんなが見てる。

稼げる情報を教える意味ってなんだと思いますか?

簡単に考えてみましょう。例えば、1コ仕入れれば、5,000円の利益が出る商品があったとします。普通に売れば、利益は5,000円。

だけど、その商品情報を1,000円で10人に教えたら、利益は10,000円。

どうです?

絶対に商品情報を教えたほうがいいですよね。だから、情報を流すんですよね。

じゃあ、逆に情報を受け取る側は、どうでしょう?

おそらく、その稼げる商品情報に10人みんなが飛びつきます。

もしこれが10人でなく100人ならどうでしょう?
いくら魅力的な商品でも、情報公開後、出品者がかなり増えて、ビックリするくらい価格が下がりましたなんて事態も。

パンくずに群がるハトと同じです。どんどんハトが参入してきた結果、ほとんどのハトはパンを食べることができない。そんな状況だってありえるんですよね。

だから、少人数制と宣伝してる人が多いのですが、情報というのは、よっぽど固い絆で結ばれていない限り、いくら少数でやってもどこかでいずれ流出します。

特にネット上の互いの顔もみたことがないようなコミュニティでは、どこかで情報が流出する可能性が高いです。

何か新しいことを始めるのは最初はエネルギーめっちゃいるよって話

私は、何か新しい仕事・ビジネスを始めるにあたって、最初から全く努力しないでできることってないと思ってます。

詳しくは「【初心者必見】せどりは簡単に稼げる!を信じてはいけない理由とは?」に書いてます。

料理人になろうと思っても、まずは包丁の使い方を一からから覚えないといけません。いきなり最初から料理を作っても、所詮、それは素人の料理です。人に食べてもらうレベルではないです。

それはせどりでも一緒です。

副業だから、サクッと手の空いた時間に。くらいに考えていると最初、苦労すると思います。

結局、自分で商品を探せないから、手っ取り早く、稼げる商品情報だけ手に入ったらいいや!ってなりやすいです。

でも、それだと他人のチカラでせどりしてるだけなので、自分自身は全く成長しません。

最初は時間がかかっても、ゆっくりでいいから少しずつ前に進むほうが重要です。ウサギとカメなら、断然、カメのほうがいいです。

慣れれば、だんだん時間も削減できます。

もし、どうしても自分で探せないのなら、誰かに教えてもらうしかないです。

ただ、稼げる商品情報を教えてもらうのではなく、稼げる商品を探す方法を教えてもらうべきです。

何度もいいますが、重要なのは結果でなく過程です。

ここを間違えないようにしてください。

まとめ

今回は稼げる商品情報に意味はないってハナシをしました。

偉そうに書いていますが、実は私も最初、稼げる情報ばっかり探してました。わりと本気で稼げる商品情報がないと稼ぐことが不可能と思ってました。

でも、実際に稼げる商品情報を探してみても、全然稼げなかったりで、無駄な時間を取られただけでした。

得られたのは「稼げる商品情報を探すより、稼げる商品を自分で探せるようになるほうが、よっぽど重要」と気付けたことぐらいです。

なので、この記事を読んでくれたあなたは、私のように無駄な時間を取られないよう、稼げる商品情報を探すのではなく、稼げる商品を自分で探せるように努力してみてください!

今回は以上です。