どうも!こんにちは。

電脳せどらーナカダイです。

最近、東京から大阪へ引越しました。

嫁と子どもは実家に帰省中なので、一人でせっせと梱包から荷解きまでやったんですけど、やっぱり引越って大変ですね(>ω<)

バタバタしててネットを契約するの忘れたり、税理士に頼まれてた書類出すのに苦労したりしてましたが、ようやく一段落しました。

まぁネットは今月中旬にならないと、工事ができないと言われましたが・・orz

さて、今回は、2017年の2月のせどり収益報告をします。

2017年の2月のせどり収益

一応、先月の振り返りをしておくと、2017年1月は月商303万、利益率16%(利益48万)でした。

詳しくは「2017年1月のせどり収益報告」に書いてます。2月は、なんとしても、1月の収益を超えたいところです。

さささーっと結果を発表します。

月商352万、利益率14.5%(利益48万)でした。

月商は先月より上がったのですが、利益は変わりありませんでした(^_^;)

※ちなみに仕入れで得たポイント類などを全て合わせると10万ポイントくらいになると思いますが、これらは、収益計算に含めてないです。

先月よりも利益率が下がったのは、昔に仕入れた長期保管在庫を処分したり、廃棄した影響が大きいです。

とはいえ、まだ処分しきれていない長期保管在庫も一部、残っているので、今後も継続して処分していく予定です(๑•̀ㅂ•́)و

これからのAmazon販売の方向性と考察

2月からは、今までとせどり手法を変えて、継続的に仕入れができる商品をリサーチするようにしていきました。

その成果が少し出て、2月後半からは少しずつですが、売上高・販売数量ともに安定してきました。

薄利多売のスタイルですが、3月も継続して回転率重視のスタイルでいこうと思います。

私の個人的な考えですが、2月のAmazonのキャンペーンと変更内容をみると

  • 特定のカテゴリの手数料割引
  • FBAパートナーキャリアの配送料無料
  • 2017年8月から長期保管手数料の基準変更(1年→半年)
 

FBA出品者に対して「利益重視でなく、もっと回転率重視にしてね」っていわれてるような気がするんですよね。

どういうことかといいますと、Amazonも営利企業ですから、当然、倉庫の稼働率を高めて収益を最大化したいハズです。

その為、パートナーキャリアの配送料無料の条件として、納品先の固定化の解除を求めてるんじゃないかと。限られた倉庫を最大限効率的に活用できるように。

Amazonとしても、保管料だけとるより、多少、販売手数料を割り引いても、じゃんじゃん売ってくれたほうが収益になりますからね。

なのでキャンペーンとしてこれらの施策をしてきたのでは?と。

まぁ、私の読みが全く見当外れの可能性もありますが・・・笑

ただこれだけは、間違えなくいえるのは、Amazonで販売してる以上は、Amazonが求めている方向に変化していくのが一番です。

これからも生き残るせどらーは、月商が多いせどらーでなく、環境に変化できるせどらーでしょう。

なので、私も環境の変化には柔軟に対応できるようにしていくつもりです(๑•̀ㅂ•́)و✧

もしかしたら、1年後は180度いってることが違うなんてことがあるかもしれませんが、そのときは環境に変化したということで!笑

とりあえず今回は以上です。